株式会社 冨士カンテイ(大阪市)の不動産コラムです。
不動産鑑定
賃料鑑定
広大地に代わる時価鑑定
不動産コラム
2013.03.12
相続/広大地判定④/容積率300%以上について

Q4
広大地判定に際して、当該地の容積率が300%以上あれば、広大地とは認められないのですか?

A4
はい、原則的には広大地とは認められません(平成17年6月17日付 資産評価企画官情報第1号)。但し、300%以上の容積率が指定されていても、前面道路幅員との関係により実際には300%未満になるケースもありますし、低位な異なる容積率の地域に跨って、同じく300%未満になるケースなどもありますから、一概には言えません。また、この点に関しては例外適用になるか否かが今のところ判然としませんが、現実に300%以上の容積率となっても、地域によっては容積率を消化しないで、低層利用に留まることが適当と思われる土地も存在することから、このようなケースでは広大地適用の可能性はあるものと思われます(私見)。

広大地の無料診断はこちらをクリック

【関連記事】
広大地①面積基準について
広大地②中高層の集合住宅とは?
広大地③戸建分譲適地か否か迷う
広大地⑤市街化調整区域では?
広大地⑥現に店舗等として利用されている場合

不動産鑑定・賃料鑑定に関する無料相談 お気軽にご相談ください
不動産鑑定相談室
株式会社 冨士カンテイ(冨士鑑定)
不動産鑑定士 吉田 良信
〒542-0082 大阪市中央区島之内1-11-4セイコウビル2階
TEL 06-6253-5755
Copyright© 株式会社 冨士カンテイ All Rights Reserved.